iPhone7のガラスをまた割ってしまった私が買った「最強のケース」

この記事の所要時間: 1318

こんにちは。京野です。
今日は、4月にiPhone7を割ってしまった話を書こうと思います。
ジニアスバーで修理してかかった価格とか、それから買った秀逸なケースを紹介しようと思います。

レッツゴー・ウンチキスト!

今は、iPhone7を使っています。

僕の昔書いたiPhoneの修理記事が人気です。

実は、あの時書いたときはまだiPhone6を使っていたんですけど、
その直後にiPhone7に替えたんですよ。

iPhone7を使うつもりはなかったんですけど、なんともなしにヤフオクを見ていたら、ジャンク品のiPhone7が出品されていたんですよ。

ジャンクの理由は「IMEI判定が△」であること。

確認したら、支払いが終わっていないことを示すIMEIの判定が確かに、

「△」

だったわけです。
で、そのまま使えなくなる可能性があると。
つまり、

「×」

に変わることがあるってことですよね。

docomoなどのキャリアが、×判定にすると(つまり、支払い途中での解約)、その後、そのiPhoneは使えなくなります。そうすると、もう部品取りくらいにしか使えないし、嫌ですよね。
だから、もちろん私は「△」のものなんて買わないんです。

ところが、そのiPhone7、締め切り間際に念のためにIMEIを確認したら、なんと判定が
「△」から「○」に変わっていたんですよね。

なんじゃこれはー♪

と気づいて、つい勢いで落札してしまったと。
金額忘れたけど、市場価格より1万円以上は安かったと思います。

で、ものは試し、転売しようと思いつつも、触ってみたらiPhone7のとりこになりました。
まず「動作がキビキビ!!」

ものすごく速いんです。iPhone6からiPhone7だと格段に速いんです。

つぎに大容量!
落札したのは128GBのものだったんですけど、この大容量にも感激しました。

それまでは64GBだったので、すぐにいっぱいになっちゃったんですけど、128GBだとホントに容量あります。

ってなわけで、128GBに替えて、快適生活を過ごしておりました。

名古屋でiPhone7のガラスが粉々に…あぁ…

ところが、2017年、4月、名古屋で悲劇が。

出張で名古屋に行っていました。
宿泊しているホテルの近くにキレイな桜の木があったんですよね。

で、写真を取ろうと雨の中、iPhoneを出したら

ガチャン!!!!

げげげげ!!!!

カバーつけてるけど、カバー開けた面を下にして落ちてるっ!!!
で、でも…
そんなに激しく落としていないし、大丈夫だよね????
がーーーーーーーーーーーーーーーーーーーん。
わ、わ、割れとる……

割れたiPhone7をどうするか

割れたiPhone7をどうするか。
これまでの私ならば、もちろんデジタイザ(画面)を購入して自分でつけます。

なので、まず、デジタイザの価格を見ましたが、なんと1万2000円ほどします。(2017/05/05現在)

2017/09/24現在、5,000円程度までに安くなっています。

まぁ、こんなにするならば、Apple公式に申し込んでもいいかなと。

普通なら、今使っていないiPhone6にデータを移して、それを暫く使うんですけど、2週間家に帰らないのでそれができないのが辛い。すぐに行かなきゃ。

名古屋栄のジニアスバーを予約しました

翌日、早速名古屋の栄にある、Apple Storeのジニアスバーに19時20分の予約が取れました。

修理価格は…どれどれ…14,800円か…たけぇなぁ…
まぁ、でも自分で直しても12,000円なら安心だし、こっちのほうがいいよね。

iPhone7から防水機能(いわゆるちゃんとした防水じゃないけど)もあるし、その辺プロに任せたほうがいいでしょう。

ジニアスバー(Genius Bar)予約の方法

というわけで、ジニアスバーを予約。それにしても、この予約までが長い。
https://getsupport.apple.com/

「ハードウェアのサポートを依頼する」→「iPhone」→「修理と物理的な損傷(トピックを選ぶ)」→「ディスプレイにひびが入っている(任意選択)」→「Genius Barでのサポート」→「Apple IDを使ってサインイン」→「2ファクタ認証」→「ブラウザを信頼しますか?→信頼する」→「Genius Barでのサポート」→「Apple Store, Nagoya Sakae」を選択→日時を選択

で終了。

それにしても、長いぜよ。
もうちょっとUI良くならないのかな??

翌日の予約は一番早いのが19:20でした。
私は17:30には仕事が終わるので、19:20じゃ遅いんだよな…
それに、その日のうちに東京に戻らないとならないし…

早く行ったら、予約なしでもやってくれるんだろうか???

名古屋の栄にある、Apple Storeに到着。

名古屋の栄のApple Storeへ。
街が混んでいるし、駅から結構遠い。
なんでこんなに遠いのか。

出張の荷物を持ってこのApple Storeまで歩くのは結構至難の業。
でも行きましたよ。

着いたのは、18時ごろ。

激混み名古屋の栄Apple Store

Apple Store名古屋栄の係員にさっそく、話しかけた。

 

京野「iPhone7のガラスが割れちゃったんだけど、すぐに診てもらえます?」

AppleStore店員「お待ちのお客様がいるので、あと2時間ほどお待ちいただければ」

京野「2時間って…20時じゃん…ま、いいや、じゃ、19:20に予約しているから、予約あればその時間になおしてもらえるんだよね?」

AppleStore店員「はい、ご予約があればその時間に極力対応しますが、少しお待ちいただくことも。また、お預かりしてからおよそ2時間後の返却になります。でも、閉店が21時でして…」

京野「…じゃ、今日すぐやってもらうことってできないのね?

AppleStore店員「はい…」

というわけで…NGでした。閉店間際に仮にできたとしても、今日中に東京入りしないとならないので、諦めました。

また、遠い旅路を重いスーツケースを持って戻りましたよ。
栄から遠いよ…ひえぇ。

数日後に横浜

数日後は横浜にほど近いところで仕事だったので、「横浜でも修理いけんじゃね?」と思って調査。

桜木町駅から近いところに、AppleStoreではないけれど、修理してくれるお店を発見!!(なんか公式が認定しているAppleの修理屋さんですね)

よーし、ここなら行けるだろうと。

運良く、横浜には前日入りしていて、その日は休みで時間があるので、何時間かかっても、仮に閉店までかかると言われても、これでやってもらえる!と持ち込んだところ…

京野「予約した京野ですが、iPhone7のガラスの修理をお願いしたいんですけど」

ショップ店員「iPhone7ですかー、iPhone7の本体交換ならすぐできますけど、iPhone7のフロントガラスの交換は、部品がなく、送らないといけないので、1週間ほどかかります

京野「え、1週間ですか?

ショップ店員「はい~。ウチではiPhone7の部品置いていないんですよ~、すみません」

終了…

ったく…iPhoneの部品置いていないような店、公式にするなよ。ってか書いておけよー。ぶつぶつ…。

結局、1週間我慢して銀座のAppleStoreで修理

結局、我慢して我慢して割ってから1週間以上我慢したでしょうか、フロントガラスの小さな破片が落ちてきたりして危ないながらも使い続け、怒涛の出張ラッシュが終わってから数日後に銀座のAppleStoreのジニアスバーで直してもらいました。

かかった金額は…
14,800円に消費税8%が加わるといくらだと思います…?

15,984円!!!なんとほぼ16,000円じゃないですか!!!

高い、高い、高すぎるっ!!!!!!!!!!!

もう二度とiPhoneを落として割らない方法を考える

このフロントデジタイザはわざと割れやすく作っているという疑惑があります。
(いや、本当に海外で言われているそうです)

ホントさ、そんなちょっと落としたくらいで割れないでくれる?(言いがかり(笑))

で、割らないためには、どうしたら良いか。

落とさないか、割れないようなケースに入れるか、あとは割れないシートを貼るか。
どれかですよねー。

情強の方に、すごいiPhoneケースを紹介して貰った!

そんな話を情報強者のある経営者に話したところ
「これいいよ」
と紹介されたGEAR4というメーカーのD3Oというシリーズ。

なんと、その人によると、ケースとしては高くて、5,000円ほどするけど、落としても割れないのだとか。

「実際俺、4回くらい落としているけど、全く割れない」

とのこと。4回落として割れないなんて羨ましす。
1回で割れたもんなー…ぶつぶつ…。

その、絶対に割れない(かはわかりませんが)ケースはこれだ!

なんでも、イギリスで一番売れているケースで、落下してチカラが加わった瞬間に本体が固くなることで、がっちりガードするとかいう。

アメリカの特殊部隊が使っているケースです。

「アメリカの特殊部隊…あの方、特殊部隊とか軍隊とかすごい好きだからな…まぁ、特殊部隊が使うんなら相当タフなケースなんだろ!!」

と思って、このシリーズのケースを買うことにしました。

でも、少し前から私は手帳型のケースを使うことにしていて、どうしてもそこにカードを最低2枚は入れたいんですよ。

だから、上記のケースではちょっと気に入らない。

そうしたらありましたよ、これの手帳型!

色は地味なブラック、シルバー、ゴールド、ピンク(ローズゴールド)の4つ。
京野は目立たない色を使うと、バッグの中で探しにくいので目立つ色を使いたいのですが、この中だとシルバーかなぁ…
目立たないのは気に入らないんだけど…

このケースにはカードも2枚入るし、まぁ、ギリギリ。
あとはお金を入れたいんだけど、なんとかどこかに入れればいいでしょう。

というわけで、これを買いました。

いいでしょ、ソフトな手触りなのに、衝撃を受けた瞬間ロックするという…。
試していないからわからないんだけど…笑

オリンピック選手も使っている素材なのだとか。

 

このiPhoneケースを使ってみた感想

このスマホケース、使ってまだ1ヶ月弱ですけど、ホントに気に入っています。

閉じるとこんな感じ。

手帳型なのに、ホントにこれまで使っていたものとは比べ物にならない薄さです。
カード2枚と、お札1枚を入れています。予備のためのお金(笑)

ちょっとお札の角が見えてますね…

表から見るとこんな感じです。

金額は4,980円(2017-05-05現在)と、まぁ、それなりに高いんですけど、ガラスを割ったら修理に1.6万円ですよ?!!

その1/3ほどの値段ですし、本当に頑丈でしっかりしていますし、イギリス英国女王賞受賞ってなんかすごそうなテクノロジーだし。
なにより、これまでの手帳型よりも遥かにコンパクトで薄い!!

やっぱり1,000円ちょっとのケースとは違うわ…

また、カードを2枚入れているんですけど、そのうち1枚は交通系ICカード(PASMO)なんだけど、iPhone7のApplePayで使っている、Suicaとも干渉しないし、いいです。コンパクトにしっかりガッチリしているところが気に入っています。

それから落としてはいないですけど…笑

Amazonで評価をみたら、めちゃ高いですね。
レビューも33個あって、ほぼ高評価。

2人、マイナスなレビューを書いている人がいるんですけど、

「電源ボタンが押されっぱなしになる」

とあるんですけど、物理的に電源ボタンにあたって押されっぱなしになったら商品として成り立たないので、嘘でしょう。まぁ、極稀に不良品なら替えてもらえばいい話で。

あるいは、iPhone6なのにiPhone7のを買ったとか、そういうオチなのでしょうか。
iPhone6と7はサイズが同じなんですけど、カメラの位置とか微妙に違うんですよね。

もう一人の低いレビューは

「何の意味もなさないフック」

と書いてあります。フックなどどこにもないんですが、何のことなのでしょうか。

まぁ、こういうものって競合がわざと評価を落とすためにAmazonで購入の上、否定コメントを書いたりするので、ちょっと信じがたいですけど。

サポートセンターが完璧。死角はなかった笑

それにしても、すごいはこのサポートセンター。

これらマイナスレビューの人にこんなコメントを残しています。

「貴重なご体験をシェアいただきありがとうございます。
商品についてご満足いただけなかったとのこと、大変申し訳ございません。Gear4カスタマーサポートでは、一人でも多くのお客様にご満足いただけるよう、誠心誠意サポートさせていただきます。もしよろしければ、 amz-jp-support@gear4.com までご連絡いただき、詳しいお話をお聞かせ願えますでしょうか。ご連絡をお待ち申し上げております。」

おそらく、本当にこっちの商品に問題があるならば、交換するよってことでしょうね。
すごいです。こういうところも金額が高いものだと安心できますよね。

というわけで、今、京野は100%この商品押しです!!笑

みなさんも、GWにiPhoneを落として割ったりしませんように!

名古屋で食べた、おばんざい、美味しゅうございました。

1 Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です