Panasonicレッツノートが起動時に勝手にNumLockオンになる場合の解決法

この記事の所要時間: 420


こんにちは。京野です。

最近、メインPCはまたレッツノートになっています。

CF-SX1とAX2を併用しています。

最近(と言っても去年です)入手したCF-AX2の挙動がどうもおかしいんですよね。

というのは、PCを立ち上げるとかなりの高確率で「NumLock」がオンになってしまうのです。
毎回なるわけじゃないんですけど。
で、その理由と解決法がわかったので、ご報告します。

レッツゴー・ウンチキスト!

去年初めて買った、「中古」ノートパソコン

このAX2は初めて購入した「中古」パソコンです。

パソコンって私は絶対中古で買わない主義だったんですけど、あまりにも安いので、いくつ買ったかな…年末に4台もレッツノートを勢いで買ってしまいました。

まぁ、ほとんど今使っていないという…(そりゃ、そうだろって話なんですけど)

勝手にNumLockキーがオンになる

で、このレッツノート、どういうわけか、勝手にNumLockキーがオンになるんです。

NumLockがオンになると、Windowsのパスワードを打ち込むときに、右手で打つあたりのキーボードがテンキーになってしまって、パスワードが打ち込めなくなるんですよね。

なので、手動でNumLockを解除していたんですけど、面倒くさい。

なので、調べたらすぐにわかりました。

NumLockが勝手にオンになる理由は「Logicool」のUSBレシーバーだった

LogicoolのUnifyingレシーバーがNGだったようです。

このUnifyingレシーバーが、USBに刺さっていると、

レッツノートに入っているパナソニックLet’s noteのオリジナルアプリ

「USBキーボードヘルパー」

が反応して、外付けキーボードがついているものとみなし誤作動してしまうということです。

外付けキーボードがついているときは、NumLockは常にONがいいのですけど、そうじゃないときの誤作動はまずいですよね。

ということで、結局この設定をオフにする機能が装備されていない以上、この

「USBキーボードヘルパー」アンインストールして、問題解決をしました。

アンインストールして、特に困ったことも不便なこともなく、今では非常に快適です。

問題となったLogicoolのマウスについて

問題となったUSBワイヤレスマウスですが、ものすごく気に入っているので、紹介します。

Logicool ロジクール MX1510ST MXAnywhere2 ワイヤレスモバイルマウス BluetoothSmart・USB接続 Windows/Mac OS 対応

1万円超えのマウスですが、結構僕の周りの人で使っている人を見かけます。

僕は結構、自分の作業効率をあげてくれることに関しては、お金を使います。

時給を考えたら、安いものですからねぇ。生産性、重要でしょ?

使い勝手のいいキーボードとか、仕事の効率が上がるならば安いものだと。
で、このLogicoolのマウス、すごくいいんです。

メリット1.ほぼどこでも使える

ガラスの上とかでも問題なく使えるんですよね。
お店とかの机がツルツルでも使えます。

メリット2.Bluetooth® Smartでも接続できる

Bluetoothで接続できる機器が増えてきていますよね。
僕も昔あまり積極的じゃなかったんですけど(遅延とかもあったし)
今はBluetooth4.0になって速度も上がったし、iPhone7もBluetoothじゃないとイヤホンすら使えないですからね。

今は、5まで規格としてはあるようで、

データレートが2Mbps, 1Mbps, 125kbpsになり、2及び1Mbpsは従来通り到達距離が100m、125kbpsは到達距離が400mとなった
(Wikipedia)

だそう。125kbpsは遅いけど、400mって!!!

メリット3.充電が持つ!省エネ半端ない!

1ヶ月くらい充電しなくてもなくなりません。
本当にもちます。充電はマイクロUSBの端子から。

軽い!!

今までのLogicoolのMXAnywhreマウスは、単3電池2本(1本でも稼働)だったので、重かったんですけど、それに比してこちらは軽いです(105g)

壊れにくく、オシャレなデザイン

そしてオシャレなデザイン。
以前もほぼおなじデザインで好きだったので、3~4個Anywhereマウスは買いました。
壊れやすかったですが、こちらはまだ壊さずにすんでいます。電池の入れ替えがないぶん、可動部分が少ないために壊れにくい気がします。

多少高くても、良いものをもちたい方にはいい選択だと思います。
カラーも3パターンあります。↓

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です