甲子園で起きた「ドカベンのルールブックの盲点」。今年は何が起きる?

甲子園で2012年に起きた「ドカベンのルールブックの盲点」

おはようございます。
いよいよ、夏の甲子園(全国高校野球選手権)が間近ですね。

東京の代表が明日決まります。

西東京の代表が明日26日。
東東京の代表は27日決まります。

西東京・早稲田実業の清宮くんが話題をさらっていますね。
16歳とは思えない巨漢でパワーが魅力です。
彼が打つのかどうか、楽しみです。

というわけで、今日は甲子園ネタ。
選手も知らないことがある、ルールブックの盲点について紹介したいと思います。

レッツゴー・ウンチキスト!

ドカベンの「ルールブックの盲点」

アニメ「ドカベン」で書かれていた、こんなルールがあります。
これが、実際に起こりました。

ルールブックに問題があるわけではない

ちなみに、「ルールブックの盲点」と言われていますけど、言ってみれば

「皆が意外に知らないルール」程度の意味であり、ルールブックに瑕疵があるという意味ではありません。

念のため。

実際に2012年に起きたプレー

2012年8月13日。第94回、夏の甲子園、第2回戦
済々黌(熊本)高校と鳴門高校(徳島)との戦いでそれは起こりました。

7回裏、1アウト1、3塁の時に打者はショートの頭を越しそうな打球。

二人のランナーは次の塁に向かっている。

ところが、ショートが超ファインプレー。
大ジャンプでアウト。(これで2アウト)

その後、飛び出した1塁ランナーをアウトにして3アウト。
(その前にサードランナーがホームインしている)

普通にありがちです。

そして、サードランナーの得点は認められなそうなものですけど、実はサードランナーの得点は認められます。

なぜ、そんな得点が認められるのか?

普通ならば、三塁ランナーの得点は認められなそうです。
普通というのは、こういうケースです。

よくありがちの「点が認められない」ケース

よく、1アウト1、3塁とかで、ショートゴロ。

そして、いわゆる6-4-3のダブルプレー。
ショートからセカンドに転送で2アウト、そしてファースト転送で3アウト。

これは、先に三塁ランナーがホームベースに入っても得点は認められません。
しかし、フライの場合はそうではない、ということです。

なぜ、フライの場合は同じではないのか

そもそも、なぜ、フライの場合は同じではないのか。

それは、フライの場合には元のベースに戻る義務(リタッチ義務)が発生していることによります。走者は自分が元いた塁に戻らない場合、その塁にボールを持った選手が触れた時点でアウトになります。

なので、アウトを避けるために、通常は帰塁します。どんなに進塁したとしてもアウトを取られればそのプレーは無効になるので、通常は戻るわけですね。

もちろん、3アウトになれば、3アウト以降のプレーは無効です。

しかし、済々黌のランナーは戻らなかった

この時、ホームに生還した済々黌の三塁ランナーは後に、「ドカベン」のエピソードを知っており、狙って発生させたと語っています。

実際、済々黌は同じ試合で、先に一度これに挑戦していることが確認されています。

では、守備側はどうするべきだったのか?

2つ方法がありました。

1つ目の方法:三塁ランナーで3アウト目をとる

3つ目のアウトを取るのに、三塁ランナーで取ればよかったです。
ショートフライで打者が2アウト目、3アウト目をサードに投げて三塁ランナーがアウトになります。どんなに進んでもそのランナーがアウトにされると、無効になるため、点は入りません。

ただし、これは三塁ランナーが戻る意思を示している場合。

三塁ランナーが戻る意思を見せていない時には、無条件にサードに戻せばアウトになるわけではありません。

というのは、タッチアップのスタートが早いのって、アピールアウトですよね。

戻る意思を見せていたら「早かった」と本人が認めているということですけど、戻る意思を見せていなかったら本人は早いと思っていないはずで、それを守備側がアピールしない限り、たとえスタートが早くても得点は認められますよね。

つまり、三塁ランナーが戻る意思を見せていないということは、タッチアップをしたのと同じ扱いになるということです。

2つ目の方法:第4アウトを取り、アウトの置き換えをする

確実な方法は、今回と同じようにショートがとって1アウト、次のアウトをファーストに投げて3アウトを取ります。

飛び出したランナーをアウト(第3アウト)したあとに3塁にボールを回し、「三塁ランナーのタッチアップが早かったのでアピールします」と三塁塁審にアピールしてアウトにします(第4アウト)。

これを第3アウトの置き換えといいます。

第3アウトが成立したあとでも、守備側はアピールプレイを行うことが認められており、審判員がこのアピールを支持した場合、審判員はアウトを宣告する。

このアウトは、イニングにおける4番目に宣告されたアウトであるため、俗に第4アウトと呼ばれる。

しかし、野球では1イニングに記録されるアウトの個数は3個までであるから、第4アウトが発生した場合、3個目のアウト成立までに起こったプレイの記録は取り消され、4個目のアウト成立までのプレイが記録上の第3アウトとなる。

これはしばしば第3アウトの置き換えと呼ばれる。(Wikipedia)

これですね。

よく、ランナーは飛び出してしまうと戻りますけど、戻る意思を見せない場合は、アピールしないかぎりランナーはアウトにならないってことなんですね。

過去に起こった例

なお、ルールブックの盲点と呼ばれるこの1点は、実は過去に4度ほど確認できるそう。

1982年 東海大甲府高校 対 境高校
2009年 ダイヤモンドバックス 対 ドジャース
2011年 履正社高校 対 九州学院高校
2012年 さきほどの 済々黌高校 対 鳴門高校

意外に起こっているんですね。
もっとも、審判がそのことを忘れていることもある様子。

たとえば、2009年のメジャーのケースはそうだったようです。

少年野球とかでも実際はありそうなケースですよね。

今日は「ルールブックの盲点」の1点について書きました。

また明日!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です