仕事ができるようになりたければ「ショートカットキー」を使え

この記事の所要時間: 325

2015-08-06 08.31.06

おはようございます。

今日は、仕事ができるためのコツについて。
今日のテーマは「ショートカット」です。

髪型の話ではないです。パソコンの裏コマンド的あつかいの「ショートカット」です。

仕事のできるできないをわけるもの

皆さんは、ショートカットキーを使っていますか?

ブラウザを立ち上げるとき、新しいウィンドウを開くとき、
ウィンドウを閉じるとき、最大化するとき、
画面の左にウィンドウを寄せたいとき、右に寄せたいとき、

多くの基本的なことはショートカットキーでできます。

仕事ができる人になりたかったらとにかく、
ショートカットキーを覚えて下さい!!!

PowerPoint作成で感じたショートカットキーの威力

私は16年ほど前ですが、コンサルの業界に入りました。
そこではPowerPointでコンテンツを作ることが多かったのですが、

先輩のPowerPointの作成の速さに驚愕!!!

選択する、等間隔に並べる、属性をコピーする、貼り付ける…

あらゆることをすべてショートカットキーで行っていたんです。

そういえば、以前、私はExcelをよく使う仕事をしていたのですが、検索、置換、カーソルの移動、
あらゆるものをキーボードでほぼやっていましたけど、とても時間が削減されていました。

なぜ、ショートカットキーを使わないのか

私が書類作成をしているところを見て
「ものすごく速いですね!」

と言われるので、

「ショートカットを覚えているだけだよ」

と言うと、妙に感心するんですけど、でもなかなか使わないんですよね。
そういう人に聞いてみるんです。

「なぜ、ショートカットキーを覚えないの?」

たいてい帰ってくる答えはこんな感じ

  • 「覚えるのが面倒くさい」
  • 「時間がかかる」
  • 「その時はコマンドからたどったほうが速い」

確かにショートカットを覚えるのは面倒です。
でも、一度覚えてしまえば、手が勝手に動くので、一気に加速するんですよね。

意外にパソコンを使える人でもショートカットをあまり使わない人は多いですよね。

でも、やっぱりちょっと負荷がかかっても覚えちゃいましょう。
そしてそれから起動すると本当に速いし、効率的だし。

マウスを使うより、キーボードを使う方が速いことが多いです。
ぜひ、ショートカットキーをマスターしましょう。

何を覚えればいいのか

基本的には自分がよく使うソフトの名前を入れて

「ショートカット一覧」

などと調べれば出てきます。
たいてい、ヘルプに載っていますけどね。

一応参考リンク

もういろいろ述べられているので、ここではお伝えしませんけど、
下記なんかは基本なのでいいと思います。

http://matome.naver.jp/odai/2139122151555988801

京野がよく使うショートカット

・F2でファイル名変更

・IME起動時、文字入力してF10キーで半角、F9で全角。何回か押すと大文字小文字がかわる。

・Winキー+スペース で 日本語入力切り替え

・Ctrl+「P」で印刷

・Winキーを押しながら「←:ウィンドウ左半分」「→:ウィンドウ右半分」「↑:最大化」「↓最小化」

・Winキー+Xで使えるコマンドが出る

・Alt+PrintScreenで、アクティブウィンドウのみスクショ

・エクセルのセルでF4キーを押すことで、絶対参照・相対参照の$が付く

・Alt+Escでアクティブウィンドウ切り替え、(+Tabだと、内容見ながら切り替え)

・もちろん、コピペ(Ctrl+Cでコピー、ペーストは+V)、やり直し(Ctrl+Z)コマンドもよく使う

いま思いついたものを書きましたけど、まだまだあります。ほんとによく使うものを書いてみました。
(こう雑多に書かれても使いにくいですよね…)

明日もまた会いましょう!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です