「東海大相模が10-6で仙台育英を破り優勝」から考えたこと

この記事の所要時間: 210

ogasawara

夏の甲子園、終わりましたね。

本当にいい試合でした。
4-0で東海大相模がリードも、4-3と仙台育英が1点差まで追いつく。

その後、6-3と引き離すも、6-6にまた仙台育英が追いつく。

感動しますね…すごい試合。

6-6の同点で迎えた9回表、バッターは左のエース小笠原。
9番バッターの彼が初球をフルスイング。

ライドスタンドに入るホームラン!!!!

緊張した9回、9番バッターの小笠原にまさか、という思いはあったでしょう。

ピッチャー仙台育英の佐藤世那君は、いや、チーム全体が動揺し、そこからプレイが散漫になりました。

結局9回表に大量4点を失い10-6。

9回裏に最後の攻撃が残っていましたが、力尽きました。

小笠原慎之助が最高の評価、らしい。

今年はドラフトにかかるような有名人がたくさん出たと思うけど、まぁ、1年生の清宮君は別として、オコエくんとか、印象に残る選手は多いですよね。

その中で、巨人の元スカウトの人の話では、一番の注目は

「小笠原慎之介」

らしいです。

ピッチャーとして、必要な資質がしっかりあるようです。
左ですし、希少性もあるのでしょうね。

実際、投打に素晴らしい活躍で、清宮君につぐ、話題を結局さらったのは小笠原君だったように思います。

ところで、小笠原道大と阿部慎之助を合わせたような名前で、慎之助なんて阿部から取ったのかとも思いましたけど、阿部の入団は2000年だから、さすがに違いますね。

そういえば、鈴木大智くんって子もいましたが、これは背泳で金メダルを獲得した「鈴木大地」君から同じ名前(字は違うけど)をもらっている可能性はあるのでしょうけどね。

甲子園に出た場合…

甲子園に出る場合、母校はいろいろ大変のようですね。

早稲田実業のお母さんの話を今年聞きましたが、

「今募金してきた(笑)」

と言っていました。

甲子園遠征にかかるお金がありますから、寄付金を求められるようです。

そりゃまぁ、そうですよね。

母校が出れるならばそのくらい、っていうところでもあるでしょうね。

母校が出る場合、参加は自由で行けるそうです。

前日の夜にマイクロバスで向かっていくのだとか。
勿論お金は支払って、ですけど。

私も母校が出てくれたらいきたいなぁ!!(いけそうにないけど(笑))

時間切れで、すみません、ここまででアップします。
後で、修正、する…つもり…

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です