風邪を治す薬はないらしい|失って初めてわかるもの

この記事の所要時間: 156

m030188

こんにちは。

風邪を治す薬はない、とよく言われます。

熱を下げたり、症状を抑えたりはできる。

でも、あくまで風邪を治すのは自分の自然治癒力だ、という話です。

まことにその通りだろうな、と思ったりします。

今日はいったい何のネタなのか。

そう、今日、どうやら今から熱が出るらしくて、とりあえず、ストーブを出してきました。

正確にはセラミックファンヒーターというものです。

すぐあったまるし、比較的安全性も高いのではないでしょうか。

そんなのを出してきて、今頭痛と戦っています。

実況中継的に書いています。頭痛との戦闘記事です笑。

頭痛の原因

昔聞いた話です。何かの本で読んだ話です。

頭が痛いとき、何が起こっているかというと、血行障害だというのです。

その血行障害を治すための物質がプロスタグランジンというものだと。

で、そのプロスタグランジンは痛みを伴うと。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%97%E3%83%AD%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%82%B0%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%B8%E3%83%B3

鎮痛剤は、このプロスタグランジンを消してしまうから、痛みがとれるんだけど、その代わり血行障害は治らないから、結局悪循環という話。

これって本当なのかなぁ。

だとすると、頭痛薬ってホントにいろいろ問題があるということになってしまうけどね…

ちなみに私は辛すぎて先ほどセデスを飲みました。

平常時が幸せだと感じる瞬間

病気になって感じるのはやっぱり、平常時の幸福さについてですね。

人は失って初めてその大切さがわかる。

良く聞く話ではありますが、本当にいまそれを実感しています。

早く治ってほしい…

 

健康、大切ですよね。普段から節制しようっと。

大切な人もそうですよね。失って初めてわかる。

 

結局、幸せじゃないと嘆く人は今の幸せに気づいていないとも言えるのかもしれません。

幸せじゃないのではない、幸せに気づかないのだ

京野トピオ

今日はここまで、失礼いたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です