【判明】SMAP解散騒動は、女性マネージャー飯島氏のクーデターだった?

スクリーンショット 2016-01-14 08.17.05

こんにちは。京野です。

昨日、センセーショナルにSMAP解散騒動が報道されました。

そして、本日も早朝から少しずつ事態が明るみに出てきたようです。
それでは今日もいきましょう!
レッツゴー・ウンチキスト!

SMAP解散の原因は「女性マネージャー」だったとの報道

昨日から話は出ていましたが、問題は、SMAPを育てた女子マネージャーだったと報じているところがあります。

ジャニーズ事務所のその後を、ジャニーさんの娘と、女性マネージャーが跡取り問題で揉めていると。

そして、女性マネージャーが辞めることになって、合わせてSMAPもキムタクを除き辞めることになった、と。

事務所も騒動を認めた

ジャニーズ事務所もメンバー4人が独立を検討していることを認めました。
そして、「協議・交渉がなされている」と。

それにしても、育ての親の女性マネージャーも58歳と結構いい年ですね。

しかし、独立計画失敗

スポニチアネックスが4時55分に配信した記事によると、
その女性マネージャーが主導するSMAP独立計画は失敗したと報道されました。

さて…どうなるのか。

契約はいつまであるのか

4人の独立が取り沙汰されているが、メンバーとの契約は9月まで残っている。
だから、退社するという結論はでていないという。

もう独立に向けた話し合いは終わった?

スポニチによると、すでに協議・交渉であり、独立の話し合いは終わっているのだそう

行われていない。女性マネジャーが主導した独立工作はすでに失敗し、後始末についての交渉に入っている。

 

昔から女性マネージャーとジャニーズ事務所は後継者争いをしてたとか。

そもそも、昨年9月に双方が弁護士を立てて意思疎通をしていたというのだから、穏やかではありません。

また、タレントを連れて独立というのも、一つのタブーにはなっているようです。
(イエローキャブでもありましたけどね〜)
なので、このクーデターと言われている女性マネージャーの反乱は、「芸能界の支持を得られなかった」とスポニチ。

このクーデター失敗を象徴したのが、12日に開かれるはずだったジャニーズ事務所の子会社「ジェイ・ドリーム」の株主総会。株主でもあるSMAPのメンバーが参加する中、取締役を務める女性マネジャーが解任される予定だったが、クーデターが失敗したことで自ら辞任を表明。「開催の必要がなくなり取りやめになった」(関係者)。

あまりにも、お粗末な感じで報道されていますけど、ちょっと一方的すぎる話だし、そもそもジャニーズ事務所は強い力を持つ事務所なので、あまり信じてはいけません。
最終的に、この女性のマネージャーの話も聞きたいです。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160113-00000168-spnannex-ent

この記事は、Iマネージャこと飯島氏に好意的です。

http://www.excite.co.jp/News/entertainment_g/20160113/Real_Live_26302.html

そもそもジャニーズ事務所は、社長のジャニー氏、副社長でジャニーの姉であるメリー喜多川、メリーの愛娘である藤島ジュリー景子による、完全なるファミリー会社だ。そこへ、初めて部外者が入社。それが、大学を卒業して間もない飯島氏だった。アルバイトをへて社員になった飯島氏が、最初に担当したのはSMAP。結成した1988年前後だと思われる。

 当時、空前の大ブームを巻き起こした光GENJIを欠いたジャニーズは、SMAPに多大なる期待をかけた。しかし、歌番組が衰退の一途をたどり、SMAPは不良債権も同然。そんなとき、バラエティ番組に進出させて、司会、体当たり企画、話術、回しのテクニックなどを現場で体感させたのが、飯島氏だ。“平成のドリフターズになる”という御旗を掲げ、当時のアイドルではチャレンジしないであろう経験を、10代のうちに積ませた。

 

http://npn.co.jp/article/detail/79204473/

報道をまとめると、女性マネージャーは12日でジャニーズの子会社役員を辞任。来月にジャニーズ事務所も退社する予定だという。その動きに合わせ、木村拓哉以外のメンバーである中居正広、香取慎吾、稲垣吾郎、草なぎ剛はすでに退社の意思をジャニーズに伝え、木村は事務所に残留。分裂に伴い、解散する可能性が非常に高いようだ。

スポニチアネックスが本日5時35分に報じたところだと、全員残留の可能性もあるとか。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160113-00000000-spnannex-ent

事務所側との明確な軋轢(あつれき)がないのに退社することはできないという意志を貫いているのが木村。事務所関係者は「木村が翻意することはもうない。ただ、退社する意思を表明している4人には迷いもあると聞いてます。現段階でグループは分裂状態にあるが、今後の話し合い次第では全員が残る可能性もわずかにあるかもしれない」と語る。

カリスマのいなくなったアップル社が徐々におかしくなるように、
カリスマのジャニー喜多川さんがいなくなったら、やっぱりジャニーズもおかしくなるのでしょうか。

諸行無常。栄枯盛衰。

新たなムーブメントを期待しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です