PASMO(パスモ)定期券を紛失したので、再発行してもらったら意外に早かった件

この記事の所要時間: 947

こんにちは。京野です。
皆さんは、自分のこと不安になることありませんか?
私は、不安になることがあります。

実は昨日、PASMO定期券を失くしました。
(※PASMO(ぱすも)定期券とは、東京都内で使われているICカード定期券です)

ジムから帰ろうと思ってPASMOを出そうとしたら見つからないんですよ。
結局、再発行してもらいましたので、その一部始終を記事にしようと思います。

特に、パスモ再発行の手続きとか、再発行にかかる時間について書こうと思います。

レッツゴー・ウンチキスト!

昨日はジムでもカギを紛失

昨日、自分に不安になったのは、じつは紛失がその日だけで2回目だったからです。

夜に行ったスポーツジムで、鍵を紛失していることに気づかず小一時間も過ごしてしまいました。
紛失に気付いて、受付に行ったら

「だいぶ前にカギが届いてますよ。」

なんて言われちゃって。
実害はなかったんですけど、恥ずかしいですよね。

「あれ?俺大丈夫かなー?」
なんて思っていたわけです。

そして、駅についていざパスモ定期券を出そうと思ったらまた見つからないわけです。

どういう風に紛失したのか考えてみる

これまで、PASMO定期券を失くしたことはありません。

「どうしてパスモを失くしたのだろうか?」

紛失だとして、その場面を考えてみると、大きく3つその場面が想定されます。

  1. スマホケースに入れてないで紛失
  2. スマホケースに入れておいたのが落ちた
  3. その他(盗難など)

それぞれについて考えてみました。

1.スマホケースに入れてないで紛失

私は改札を出るとすぐにスマホケースにPASMO定期券を入れることにしています。
なので、パスモを入れていないということはあんまり考えられません。

これまでも、ポケットや財布などに無意識に入れてしまって後から見つけたということもありません。
すぐにスマホケースに入れる作業はいわば基本ルーティーン。スマホケースに入れてないってことはない気がするんだよなー

それとも、だからこそ、失くしたのかなぁ…

2.スマホケースに入れておいたのが落ちた

スマホ(iPhone)はいつも持ち歩いていますし、手帳型のこの蓋を開けることも結構あります。

このカードポケットは結構きつくて、カードが落ちない感じだったんですけど、ひょっとしたら使っているうちに、ちょっと緩くなってきたのかもしれません。

そして、動画再生とか、写真撮影とかしている時に落としてしまって気づかなかった可能性はあります。

だとすると、これからここに安心してカードを入れられないなぁ…どうしようか。

定期券2枚持ちをやめようか。
定期券2枚持ちの理由はこの記事に

3.その他(盗難など)

まぁ、盗難であれば仕方ないですけどね。
盗難ってこれまであまり経験ないな…。

23時すぎ、探すのをあきらめる

ジムから直接自宅に帰ろうとしてたんですけど、定期券を探すことにしました。
いったんフィットネスジムに戻って、忘れ物がなかったか聞いたけど、見つからず。

そして会社に忘れてきた可能性があるため、会社にも戻りました。

それでもやっぱり見つからず。

23時過ぎて、「再発行を依頼しよう」と決心しました。

ネットで調べたらパスモの再発行は絶対に当日してくれないらしいです。
パスモの発行は必ず翌日になると。

だとしたら今日中に申請しておいた方がよさそうです。
もっとも、23時過ぎているから、2日後とかになってしまうのでしょうか…ドキドキ。

参考になった記事:

PASMOの紛失、なぜ当日の再発行は不可?早朝でも翌日?東京メトロさんに聞いた(文=山名宏和氏/放送作家)
http://biz-journal.jp/2014/06/post_5232.html

(公式)PASMO再発行
http://www.pasmo.co.jp/reissue/lose/

23時過ぎに神谷町の事務所へ

23時過ぎに、改札のお兄さんに

京野「定期券の紛失届を出したいんですけど、どこで手続きできますか?」と言うと

係員「本日、身分証明書はお持ちですか?」と聞かれました。

京野「はい、運転免許証なら」

係員「でしたら、駅の事務室に行ってください。このまま左の階段を下りてすぐです。本日、このまま電車に乗りますか?」

と聞かれました。乗ると言ったので、そのまま入ってくださいと言われましたが、乗らないと言った場合は、ひょっとしたら改札を通してくれたのかもしれません。

私はSuicaで帰るつもりだったので、「はい、乗ります」と答えて普通に自動改札を通過しました。

駅の事務所へ行く

23時過ぎても駅の事務所は2人体制でオープンしていました。

入るなり「たばこ臭いな…」と。

未だメトロは禁煙実施していないんですね。
いきなり悪印象。

中にいたのは、4~50代白髪のイケメン男性と、20代か30代前半と思しき男性の2名。
対応してくれたのは、白髪の男性

悪印象だったのは、入ってたばこ臭かったときだけで、
この男性(Tさんとします)の印象がものすごくよかったです。

紛失したと言ったら、淡々と処理をするだけだと思ったら

「えぇ…それはお気の毒に…大変だったでしょう…」

とその様子などを聞いて、共感してくださり。

お手間をかけさせて申し訳ないと私が思うほどでした。

そして、最初に
「定期を止めてしまうと、使えなくなるので、まず、紛失物として届いているか確認しましょう」

と言っていただいて、最初は遺失物検索をしていただきました。
しかし、それでも見つからないということで、再発行の手続きへ。

「本日は発行できず、明日以降の発行になります。申し訳ありません」
「510円の再発行手数料と、500円のデポジットで1,010円、明日お支払いいただくことになりますが、よろしいですか?」

という感じで、まぁ、本当にこちらが申し訳なくなるくらい、丁寧に語っていただきました。

そして、書かされたのが
「名前」「電話番号」「生年月日・年齢」あたりでしたかね。

あと、定期の情報
「どこからどこまで」「何か月」

そして、免許証も提示しました。
(言われる前に提示してしまいましたが、ひょっとしたら要らなかったのかな?)

少しベンチで待ちます。

空いていたこともあるし、かかった時間は10分もなかったと思います。
すぐに、このような書類を発行してくれました。

気を付けよう!「定期券うりば」の窓口があるところしか発行できない!

ところで、再発行されたPASMOはどこで手に入れればいいのか。

京野「神谷町駅に明日きたら良いですか?」

白髪Tさん「いや、再発行は『定期券うりば』がある駅じゃないとだめなんです」

と、こんな案内をくれました。丁寧~!

あぁ、以前「定期券うりば」を探したことがありましたからピンときました。
実際は定期券は券売機で買えるんですけど、再発行はこの窓口だけなんですね。

(じゃぁ、いつも使っている霞が関にしようっと…)と決めました。
(今思うと新宿ならば本日の165円使わないで済んだな…)

新宿、渋谷、赤坂見附、中野坂上、高田馬場、飯田橋、大手町、明治神宮、
小竹向原、豊洲、錦糸町、王子、上野、日本橋、新橋、池袋(丸の内線・有楽町線)、
東京、銀座、茅場町、霞が関、恵比寿、浦安、北千住、新御茶ノ水、綾瀬

ここの発売時間は
7:40~20:00
だそうです。
(中野7:00~21:00、西船橋6:00~22:00)

http://www.tokyometro.jp/ticket/pass/counter/

翌日、PASMO再発行のために霞が関の定期券うりばへ

早速、翌日である本日、午前中に霞が関へ。
こちらにも白髪の年配の方が。もちろん駅が違うので別人です。

「PASMO定期券の再発行をお願いしたくて伺ったのですが」と、資料を出しても

「はい?」

といった感じでしたけど、しばらくレシートを見ていたら
「あ、はいはい」

という感じで出してくれました。

また、
「名前」「電話番号」「生年月日・年齢」

あと、運転免許証を本人確認書類として提示しました。
これは嫌がる人もいるだろうなぁ…

そして、今度の方は申し訳なさそうな感じはなく(笑)、
「じゃ、1,010円になります」

と。

発行してもらっているときは、こんな画面が出ます。


「領収書なし」
に勝手にするのはなぜなのか…

「領収書ください」

とい

ったら手書きでくれましたけどね。
これが一番時間がかかりました。

紛失したPASMOは使われてしまっていないのか?

ついでに、係員に「PASMOの残金、いくらになっていますか?」

と聞きました。確か、5,000円チャージしたばかりだったので。

帰ってきた答えは
「4,469円です」

ほぉ、あれ、5,000円切ってたかな?と思って履歴をみると
5月20日 5,000円チャージ
5月21日 物販で650円

となっています。
紛失したのは22日だから誰にも使われていません。

21日の物販というのはタクシー代であることを思い出しました。

どう考えても物販じゃなくて、サービスですけどね。

iPhone7のSuicaが反応しなくて、仕方なしにPASMO定期のチャージから払ったのを思い出しました。
(最近近距離はタクシー代安くなっていいですよね。関係ないですけど)

ところで、定期券が綺麗です。

以前、四ツ谷の券売機売り場で購入したPASMO定期券と比べて、霞が関で発行してもらった定期券は「フォント」も違うし、「かすれ」もありません。

別に定期としての価値は変わらないはずなのに、「霞が関で次回は作ろうかな…綺麗だし」という気持ちになってしまうのは一体なんなんでしょうか。

定期もあと実は2日で切れるんですよね。どっちにしようかなー。
定期を買うのやめようかなー。(それとも、iPhone7のSuica1枚で済ませようかな)

まだ悩むことにします。

PASMO定期券、再発行までの手続き

1.最寄りの駅の案内所で紛失届を出して、「引換証」をもらう(要身分証明書)約10分

2.翌日の朝7:40以降に「定期券うりば」に行き、1,010円払って発行してもらう(要身分証明書)約5分

以上でした♪

なお、紛失届の受付は、終電まで行っているらしいです。
また、再発行は定期券じゃなくても、PASMOなら翌日になるそう。
どうやっても早くならないと。

京野トピオの紛失による金銭的損害

ところで、いくら損したのか、今回の紛失による損害を纏めてみました。

  • (紛失カードの)デポジット…500円
  • 発行手数料…510円
  • 紛失中の地下鉄代…165円×2=330円

合計 1,340円

でした。
紛失したカードが見つかれば、デポジット500円は返金してもらえます。

まぁ、最小限で済んだようです。
以上、PASMO定期券紛失&PASMO定期券再発行体験談でした。

1 Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です