保険に入ってきた話(雑談)

この記事の所要時間: 314

今日はダラダラと書いて、特定の主張はないです。ヒマがあったら読んでください。大したネタじゃないです。

いつもの「レッツゴー・ウンチキスト!」も今日は封印します。笑

生命保険加入から20年、更新をしました。

先日、保険の契約をしました。
生命保険です。

私は親族が某大手生命保険会社にいるので、20代の前半から生保に入ってます

あれから20年が過ぎて、更新の時期になりました。

某生保には、3つ契約をしていて、毎月4.5万円ほど払ってます。

その3つの契約とは、自分の、妻の、そして息子のものだと思います。詳しくは覚えてませんが。

この、私の契約が更新なのです。

この私の契約は月額1.8万くらい払ってたんですけど、このままの契約を維持すると3.8万くらいになるらしく。

京野「え、このまま更新したら、高すぎません?何でそんなに?」

と聞いたのですが、

保険レディ「それだけリスクが上がってるってことです。」

京野「…。」

まぁ、そうですよね。それはわかるんだけど。

で、結局、今より保障を減らして、毎月の出費を安くしようと思ってたんですけど、色々言いくるめるられて営業受けて、結局月額2万ちょっとくらいになりました。

結局、3つの契約で計毎月5万ですよ。

なんだかなー、そんなに生命保険って払うべきなんでしょうかねぇ。

生命保険の価値

ところで、保険の価値ってなんなんでしょうね。

保険って宝くじと同じで、怪我とか病気とかアンラッキーなことが起こったときにはメリットがあるけど、ならしたら出費の方が多いんですよね。だから生命保険会社が儲かるわけで。

だから、基本、多くの人は損をするわけですよ。

生命保険の「価値」は不安の解消

保険って不安の解消が本質的な価値ですよね。

保険に入っている、万一でもお金に困らない、という安心感。コレなんですよね。これに高いお金を払う。ことさら病気のリスクを熱く語られる。よほど、メンタル強くないと、入っちゃいますよね。

保険の設計


保険って、法律で縛られているから、あまり自由度高くも設計できないらしいですね。

とはいえ、やっぱりネット保険の方が安くはあります。

なので、私は安いネットの保険にしたいんですけど、親族つながりで、高い大手保険を継続していて。

それも、結局、本質的な商品価値で選んでないですけどね。

商品で差別化できないから「人」で売る

というか、あまり商品に差が付けられないからこそ、昔はそれ以外で勝負したんでしょうね。

昔は保険の営業とはGNP営業といわれましたよね。つまり、

G 義理
N 人情
P プレゼント

で、セールスレディの関係性で売るっていうね…。

最初は従業員の家族に売らせる保険会社

保険会社に就職すると、まずは家族の契約を取ってこいって言われるんですよね。

生命保険会社ってえげつないよなー、なんて思ってたけど。

そんなものかしらね。

まぁ、ホントに良い物だと思っていたらお薦めするんでしょうけど。

私は同じ保証なら安いものにしたいな、っていつも思ってるんですけど、そうは言っても今の所を辞められないのって、何でなんだろ。

自分でもわからないんですけど、やっぱり親族への配慮ですかね。。

契約を終えて

契約を終えて、安心感が増えたとは思わないですけど、なんかスッキリした気持ちはします。

でも、契約に入ってることも忘れて、お金だけ引き落とされて、このまま続いていくんでしょうね。

そして、大病とかになったときは感謝する。そういうものなんでしょうね。

すみません、自分の備忘録みたいな、エモーショナル日記みたいな、ホントに内容のない記事でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です