auからMNPするときに絶対に知っておくべき4つのポイント

auを解約・MNP転出・機種変するときに絶対に知っておくべき4つのポイント

2015年版、最新の解約・転出ノウハウです。ちなみに、au内で機種変更するときにも使える裏ワザもあります。数万円得することもザラです!

2015/10/02追記:

auからのMNPする場合の、チェックシートが下記ページからDLできます。

【無料DL】auからMNPする場合のチェック表


※ただし、解約日は、初日ではなくて、最終日がオススメです。

2017/01/12追記:
書かれている内容は記載当時の内容で、現在は異なることがあります。

2017/11/03追記:
auの初日解約は、LETフラットの費用がかかりませんでしたが、現在はかかるようになったようです。
したがって、現在一番お得な解約日は解約できる月の最終日ということになります。

今日はauを解約・MNPするときの備忘録です

私は、この6月が更新月だったんで、色々悩んで6月29日にMNPでdocomoに転出したんですけど、「まじかよ!」「知らなかったよ!」「きたねーなw」てなことが沢山ありましたので、これから解約・転出を考えている人のために書きました。

そもそも、そんなに電話代とか気にしていない、数千円から数万円なんて気にしない、どうでもいいわって人にはこの記事は役に立たないでしょう。

逆にいうと、これを知っておくと数千円から数万円得する話です

レッツゴー・ウンチキスト!

1.そもそも、いつ解約・MNPすべきなのか?

まず、契約日を確実に抑えましょう。
今回はauだったので、auのことだけに絞って書きます。

契約した日が例えば私のように2013年5月23日だった場合、契約日は5月23日で、6月が「更新月」になります。

つまり、契約した月ではなくて、その次の月になる、ということです。
なので、6月中に契約解除、またはMNPすれば「誰でも割」という名前の2年間契約割引サービスの違約金はかからないです。
【誰でも割】契約解除料はどのようなときに発生しますか。

 

ここまでは知っている人は多いです。

しかし、ここからが、ウンチキスト。

ではこの6月の何日に解約すべきなのか?(あるいはMNPすべきなのか?)

答えは「6月1日」です。つまり、更新月の初日に解約!です!!(システムが変わったために打ち消し線追加)

答えは、6月の末日である、6月30日です。更新月の最終日に解約しましょう。

理由があります。

理由1 LTEフラット代5,700円が2日目から全額かかる!

なぜならば全員が契約しているであろう「LTEフラット」はいつやめても全額(5700/月)取られるからです
契約更新月の初日に解約すれば当月の料金は0円です。これはあくまで初日だけです。

どうせかかるのであれば、最終日に解約しましょう。

そうです、6月になってから「あぁ、今月解約しなきゃ」じゃ間に合わないのです。
勝負は前の月から始まっています

確実に6月1日に解約すべるために、転出する方はMNP番号の取得を済ませておきましょう。
MNP番号は2週間有効ですので、前月の20日頃に予定を入れておきましょう。(この場合なら5月)

ただし、最終日に解約するにあたり、気をつけるべき点が2つあります。

更新日の最終日解約するならば、気をつける点

注意点1:「誰でも割」が無効。半額になっていた基本料金が、全額かかる!!

誰でも割は、毎月の基本料金が半額になるサービスですが、更新月(に解約する場合)には適用されません。
前月利用分までです。

なので、解約した月は基本料金全額の日割り計算になります。
日割りになるものの、金額が2倍になります

LTEフラットの月額料金を有効に使うのであれば、こちらは高くなるのは仕方がないですね・・・。

注意点2:家族間無料通話の「家族割」が無料ではなくなる!

解約月に発生した家族間無料通話分は、無料ではなくなります。

なので、最終日まで家族間の通話は有料だと理解認識しましょう。

私はこれを聞いた時にひどいなと思いました。本当に気をつけましょう。

ところで、家族割がなんで無料ではなくなるもでしょうか。
理由は注意点1の「誰でも割」が適応されなくなるからです。

家族間無料になるのは「誰でも割」と「家族割」共に適用になる時だけ。
なので、家族割だけになるので、30%オフだけになります。

参照:公式サイト「家族割」

つまり、正規料金の7割=1分28円かかるということ。

例えば、1日1時間家族通話をしていて、25日過ぎてしまっていたら、

60分×25日×28=42,000円!!!!!

タダだと思って家族間通話をしていると、ものすごい料金になります
むしろ、更新月に解約するメリットがなくなります。

だから、「6月になったら1回も電話するな」がベストなのです。

2.継続してauを使うつもりでも、2年で機種変更をすべし

次に、auを継続して使うつもりの人もいると思います。
でも、機種は変えた方がいいです。

なぜならば、2年間で月々の機種の割引がなくなるからです。
一括購入にせよ、分割購入にせよ、auの新しい機種を購入したならば機種の割引サービスがあるはずです。auではこれを「毎月割」と言っています。

例えば、これは購入の翌月(例えば私の場合ならば2013年の6月)を1ヶ月目として、24ヶ月目の2015年の5月まで24回、一定額を割引くサービスです。

つまり私の場合、2015年の5月まで割引があります。
最新のiPhone6ならば、MNPの場合毎月2,500円ぐらい割引になります。

その割引が25ヶ月後になくなります。

つまり、25ヶ月後からは2,500円、基本料金が高くなるということです。
さらに、iPhoneならば「テザリングサービス(500円)の無料期間」も25ヶ月なので、その時に3,000円高くなるわけです。

バカな?と思われるかもしれません。
そう、長く使うほと高くなる、バカげた仕組みなのです。

でも、

「高くなった?気づかなかったけど???」

という人も多いはず。それはなぜか。

その人は、機種を分割で購入していた人のはず。
25ヶ月目になると、本体の支払いが終わるからです。
例えばわかりやすく6万円の機種を購入したとして、それが利子なし24回払いだった場合、

60,000÷24=2,500

ですから、月々の支払いに2,500円上乗せされているのです。
しかし、ちょうど2年で支払いが終わると同時に、割引もなくなるのです。

なので、「携帯代って毎月7,000円ぐらいだな」とざっくり費用を考えている人は、それに気づかなくなってしまうのです。

普通で考えれば、長く使っている人にこそ、感謝して安くしてもいいだろうと思いますけど、そうじゃないんですよね。携帯って。

一回使わせたら替える手間がある。スイッチングが面倒なわけです。
そして、支払う金額がほぼ一定ならば、特にコストの原因(本体の支払いが終わって安くなっている一方で、割引が消えていること)には気づきにくい。

そういう盲点につけこんでいると言っても良さそうなシステムなのです。

3.継続して使うつもりでも、転出をほのめかせ

継続して使うつもりの方は、これも絶対にやるべきです。
継続して使うという意図を見せれば新たな商品の情報は色々くれるでしょう。

でもそれではダメです。

必ず、「MNPしたいので、MNP予約番号をくれ」と電話をかけましょう。

大事なことなのでもう一度言います。

継続利用をするつもりであったとしても、「MNPしたいので、MNP予約番号をくれ」と電話をかけましょう。

電話番号は、0120-925-041 または 0077-7041にかけましょう。

mnpmnp

これは絶対に電話をかけます。人と話すのが苦手でもそうしましょう。
なぜか。

理由は、これだけで「2万円もらえるから」です。

そんなバカな??
いや、本当です。

キャリアは1つの契約を取るために販売代理店(auショップ、その他販売ショップ)に高額なインセンティブをつけています。1件3万~5万といったぐらいの金額です。

5万?まさか?と思うかもしれません。
でも、契約がとれれば、まず、機種代で儲けがでます。(仮に1万円としましょう)

その後、2年間は契約を事実上縛っていますから(事前解約すれば違約金がとれる)、月々5000円ほどの使用料でも、年間6万円、2年で12万円の売上があがることになります。

それにより、実際に掛かってるコストはたかが知れています。
すでに、インフラは作ってしまっているので、1人増えた所で、かかる費用はわずかな管理コストなわけです。

だから、仮に5万円の販売奨励金を渡した所で、どうってことないわけです。
(そのもらえる販売奨励金を元手に、「一括ゼロ円」とかってキャンペーンを販売店は行うわけです)

話を戻しましょう。どうやって、2万円をもらうのか。

もちろん、今回私も体験したのですが、「MNP番号を欲しい」というと、まず最初に

ご契約を確認させていただきますといって、名前とか、ネットワーク暗証番号とか言わされます。それで、本人確認ができると

「2年間お使いいただいたんですね、ありがとうございます。今回はMNPということですが、このまま継続して私どもauをお使いいただけるのであれば、新しい機種の購入に使えるポイント、2万ポイントを差し上げますけれど、いかがでしょうか?と言われます。

私も言われました。そんなの何年も前から言われると聞いていました。
ずっと言われ続けています。「水際で解約を防ぐ」企業とすれば、当然のことですよね。

特にMNPは自分の数値が1減って、ライバルが1増えるので、熾烈なシェア争いをしている企業としてはものすごくチカラを入れて防ぎたいところなのです。

だから、かならず「転出するつもりなので、MNP番号をください」と言いましょう。
別にMNP番号をもらったら解約になるわけじゃありません。

MNP番号をもらって、転出先(たとえばdocomo)に行って、契約をして初めてauとの契約は切れます。

「でも、ポイントくれるって言われなかったら困るでしょ?転出しなきゃいけないでしょ?auを本当は使い続けたいのに…」

大丈夫です。ポイントのオファーがなかったら、そのままMNP番号を聞いておいて、転出しなければいいだけです。

MNP番号というのは、取得しただけで転出になるのではなく、転出先がその番号の登録をして初めて効力を発揮します。なので、放置すればそのままauの契約は継続になるのです。

とにかく、損はありませんから、「転出の意思」を伝えましょう。それだけで2万円GETです。

4.解約・MNPの前にしておくべき4つのリスト

解約の前には用意周到な準備が必要になります。
ポイントを4つ書いておきます。

その1:【解約・MNP】ポイントを使いきっておこう

結構ポイントが溜まっていたりします。
auのポイントは、機種代金に充てられるほか、なんと、auショップでは、商品と替えることもできます。
かならずポイントは使いきっておきましょう。

私は、壊れることが多いiPhoneコードを4本ほど調達しましたよ。4本(笑)
1本約2,000円と高かったですけどね。

その2:【解約・MNP】メールアドレスの登録も替えておこう

LINEの登録アドレスとか、webサービスとか、販売サイトとか、携帯で登録しているものがあれば、全部替えておきましょう。

ただ今後のためにお伝えしておくと、携帯のキャリアメールを使う時代は終わっています。

もう一度、中年世代(俺もそう(笑))のために大切なので言いますけど

キャリアメール「@ezweb.ne.jp」

(docomoなら「@docomo.ne.jp」ソフバンなら「@i.softbank.jp」)

は、極力使うな!!!友達にも教えるな!!!

です。理由は簡単。

キャリアが変わるごとにそれを伝える手間が膨大すぎるからです。
連絡を取るならLINEでいいでしょう。Facebookのメッセンジャーでいいでしょう。

携帯のキャリアメールを使い、依存度が強くなると乗り換えられなくなるのです。

いまは、Gmailを使うのがベストですね。

 

 

Gmailの作り方はこのあたりのサイトを参考に。
↓↓捨てアドレスの作り方なども書いてありますね。

(参考)捨てアドを作る3つの方法

いや、まあ別にGmailは捨てアドじゃないですけど。(笑)

 

 

その3:【解約】2段階認証の登録を外す

最近はセキュリティの高いサイトが増えています。
携帯番号を登録している場合には、外しておきましょう。
(もちろん、MNPでその番号を継続して使う場合にはそのままでOK)

その4:【MNP】買いたい機種を決めておく

6月1日にMNPするならば、すでに買いたい機種を決めておく必要があります。

Twitterで安い出物を探そうとすると、1日は見つかりにくいようです。
土日の方がキャンペーンもやりやすいでしょうし。

あとは、使えるクーポンなどを事前にGETしておく方法があります。
クーポンは、ヤフオクなどでも出ていますので、そういうのを使う手もあります。
あくまで自己責任でお使いください。

例えば、ドコモならばこんな出品がありますね。

※2015/10/02追記

MNP時に使えるチェックシート作りました。

【無料DL】auからMNPする場合のチェック表

使えるクーポンはヤフオクでもそこそこ高値ですけど、2万円引きのクーポンが1万円で購入できるならば、それは買ったらいいですよね。

今日は、auを契約してちょうど2年で継続・解約・MNPを考えている方向けの記事でした。
同じようなことは他のキャリアでもあります。

また、時間があったら書こうと思います。

最後に、素晴らしかったauショップの店員さん

最後に、でもauショップの店員さんについて一言。

私の住んでいるところの近くのauショップの店員はいつも態度が悪くてイラッときているのですが、私が解約(私は解約と、MNPと両方をやりました)に行った池上のお店の方の女性の方はものすごく対応が良くて、本当に素晴らしかった。

こちらは解約なので、あまりいいお客さんでは無いのだと思いますけど、閉店間際に来た私を誠意いっぱいで対応いただき、「auもいいお店ってあるんだな」と心底思いました。

そう思いましたとわざわざ個々に記載しなきゃと思わせるくらい、いい対応でした。

私はポイントが大分溜まっていて、それを使わずに解約するところだったんですが、「ポイントは大物を狙いましょう(笑)」などと、笑わせつつ、終始笑顔でした。最後には店の外までお見送りに来てくれて、「こんな携帯ショップもあるのだなぁ」としみじみ思いました。

それは、ひょっとしたら個人に張り付くサービス精神・技能なのかもしれないけど、企業イメージってそういうのの積み重ねですよね。

もっとも、auショップはそれぞれ代理店なので、au本社がやっているわけじゃありませんけど。
でも、まぁ、指導はしていますからね。

ちょっと感動した、なんか申し訳なくなった解約劇でした。次買うときはあそこで買いたいな。
それでは、また明日♪

6 Comments

au

>>2.継続してauを使うつもりでも、2年で機種変更をすべし
実質負担額が0円になるなら機種変更するべきだと思いますが、実際は2~3万円を実質負担しなければいけないのでこれは間違いでは?

返信する
京野トピオ

継続してauを使う場合、2年すぎると毎月割がなくなります。例えば2年前から使っていたiPhone5Sだと2500円程度毎月高くなります。

(機種変すれば、例えばiPhone6Sだと、約2500円毎月割引になります)

機種変しないと2年で6万円ほどこれまでより高く払うことになります。

更に記載のように、機種変をほのめかして2万円ほどポイントがもらえることが多いようです。

2年で実質8万貰えるなら、機種変した方がよくないですか?

実質8万、つまり10万円の機種が2万円で買えるなら、シムの変わらない機種で機種変契約して、過去の端末を使い続け、新しい端末はヤフオクとかで売っても5万くらいでは売れるでしょうし。

毎月割がなくなるのって単に損だと思いますよ。

ちなみに、毎月の額を安くするなら、支払いの終わったケータイにauのMVNOであるmineoを使って月額運用を音声通話とデータ通信で2000円弱にするのもアリでしょうね。

返信する
おん

先程auにMNP電話したら10000円のクーポンくれました。ipone7plus128G JBが欲しいしMNPしても金額差を感じなかったのでそのままMNPは中止にしました。

返信する
京野トピオ

おー、10,000円だったんですね。
おめでとうございます。

それまでの利用期間や金額によって
金額に開きがあるのか、あるいは
auの方針が変わったのかはわかりませんが、
まぁ、でも、もらえるのは良いですよね!

どれぐらいの期間、利用されてきたのかとか
教えていただけると皆さんの参考にもなるので
さらにありがたいです。

書き込みありがとうございました!

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です