ソフトバンクホークス史上最速リーグ優勝!

この記事の所要時間: 257

Halks

こんにちは。
いやー、野球好きにはたまらないシーズンですね。今年は。
セ・リーグは稀に見る混戦で4位までわずか3.5ゲーム差!

そして、パ・リーグは圧倒的なホークスの強さ!!

SoftBankホークス優勝!

先ほど、工藤監督のソフトバンクホークスが、
史上最速でリーグ優勝を決めました。
すごいですね!!

貯金47ですって。

127戦して、85勝38敗4分け

9月17日の優勝決定は史上最速ということです。

試合数は年ごとに変わりますし、始まる日も変わりますけどね。

ま、これは試合が始まる日は違いますからね。

試合数も違うし。
なので、必ずしも比較できる指標じゃないんでしょうけどね。
(去年は144試合、今年は143試合です)

それにしても強かった。原因は、選手?

それにしても、今年のホークスは強かったですね。
私は特にホークスファンというわけじゃないですけど、強すぎて多くの選手の名前を知っています。

トリプルスリー達成が確実の柳田悠岐はもちろん有名ですよね。
打率.366、ホームラン32本、盗塁30。
チームを引っ張る松田宣浩は、.290でホームラン33本!
めちゃくちゃ打ちました!

内川聖一は今年はそこまでではなかったけど、天才的な右打者のアベレージヒッター(.284)だし、

李大浩も(.297、ホームラン29)、めちゃ打つし、

中村晃(.300)も打ちますよね。

今宮健太は今年は打てなかったけど守備がすごいし…

ほぼ3割打つ人が5人ってすごすぎ…
9人中5人が3割バッターって怖すぎですよね…

(※昨日までの成績)

武田翔太が12勝目

今日の優勝の勝利投手になった武田翔太は、今年復活しました。
今日の勝ちを入れて12勝(5敗)。

摂津も無難に10勝、スタンリッジ9勝、寺原8勝。

皆が平均的に勝ったという感じですね。

4人で39勝。凄い。

勝率は…約7割!

勝率69.1%!!

でも正直7割いっているかと思ってました。
プロって強くてもこんなものなのですね。

工藤監督は1年目で成果を

それにしても、工藤監督は今年が監督1年目。
就任1年目での優勝は立派です。

新人監督の優勝は、2012年の日本ハム・栗山監督以来だそうですね。

工藤監督「胃薬は要らなかった」

「皆胃薬が必要になるというが、全く不要だった」

と語っていた工藤監督。
圧勝ですものね。

工藤監督の選手マネジメント手法

それにしても、やっぱり凄いと思うのは、彼はホントに選手に気を配るそうですね。
昔の監督って独善的で偉そうなイメージですけど、工藤監督は全くそういうことはなく。

選手にも敬語で話すこともあるとか。

もちろん、監督だけの凄さではないでしょうけど、それにしても立派でした。

個人的に見たい日本シリーズのカードは…

個人的には65年ぶりのトリプルスリー同士の戦いが見られるように、

福岡ソフトバンクホークス 対 東京ヤクルトスワローズ

の日本シリーズが見たいです。

ホークスは去年リーグ優勝していますけど、ヤクルトは最下位ですからね…
一昨年も最下位です。2年連続最下位…

だからこそ、見たい!

CSがあるから、リーグ優勝しても日本シリーズに出られるわけではないですけどね。

改めて、福岡ソフトバンクホークス、優勝おめでとうございます!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です