最速でおしゃれになる方法論(話題の本買いました♪)

この記事の所要時間: 317

2015-10-18 22.12.022

こんにちは京野です。

ところで、皆さんおしゃれって興味ありますか?

まぁ、そこまで進んだことはやりたくないけど、ダサいのはいやだな、ぐらいの感じのスタンスなのですけど、興味はある京野です。

今日は話題のオシャレになる方法論について紹介します。

レッツゴー・ウンチキスト!

ラジオで聞いた「おしゃれの法則」

きっかけはラジオです。何気なくJ-wave(東京で流れているFMラジオです)を聞いていたときか何かに、有名なファッションの人気バイヤーが登場されていたんですよね。

その人は「MB(えむびー)」さんとかいう人で。

なんでエムビーなのだろうか?イニシャルじゃありえなそうだし…なんて思いながら聞いていたんですよね。

その中で、「では、オシャレになるためにはどうすればいいのか、簡単なコツを」とか話をされていたんですけど、そのMBさんが言うには

「日本人はアメカジに偏りすぎている」

と。

ふむふむ、まぁ、確かにそうかもな、なんて思うことがあるわけです。

「ジーンズに、スニーカー、それがおしゃれじゃない」とか言われて、あぁ、俺も確かに無難にやっているけど、それっておしゃれではないかもなぁ、なんて聞いていたわけです。

「じゃ、スニーカーじゃなくて何を?」

「革靴です」

えっ、革靴あわせるの?少し難易度高そう…

なんて思って話は聞いていました。

著書の『最速でおしゃれに見せる方法』が良い!

まぁ、その時はそのくらいしか思わなかったんですけど、彼の著書を紹介していたんですよ。それがまた売れているらしくて。

つい、癖ですぐにアマゾンで買ってみました。

さっそく読んでみたらいいんですよ。

「お金もセンスもファッション誌もいらない」

「おしゃれにはルールがある」

まぁ、この辺り、それほど目新しい話ではないんですけど、結構納得いく話が多いんですよね。

ファッションっていろいろと儲けの対象になっていて、皆がポジショントークをするから、こういう話をできる人はいないよ、俺の言っていることは本当だよ、という感じで話をするのだけど、まぁ、本当にその通りだな、と納得がいくことが多かったです。

具体的な内容紹介

 数学の問題を解くときに、方程式を使わず一から定理を探す学生はいません。学びたいと思えば、普通は先人の知恵を拝借します。先生に学び、教科書を読み、試行錯誤する時間をなるべく短縮します。ではなぜ、ファッションには先生や教科書が存在せず、「似合う?似合わない?」といった試行錯誤を繰り返さねばならないのでしょうか。

 前述のとおり、「あの人はおしゃれだよね」という合意が成立し10人中9人が「あの人はおしゃれ」だという相違があるということは、おしゃれに見せる一定のルールがあり、それらをまとめた教科書があってもよさそうなものです。

その後、ファッションに教科書がない理由を2つ言っています。

1つ目は、ビジネスだから。「ユニクロで十分」とは言えない。

2つ目は、感覚的に体得している人が多いからおしゃれに見える原則を「論理的に説明ができないから」という理由でした。

まぁ、その通りですよね。

その後、総論から具体的な着こなしについても話しています。面白いです。

まだ全部は読んでいないけど、読み終わった時に、おしゃれの達人になれそう(いいすぎ(笑))

というわけで、ちょっとお勧めしておきます。

たかが、1,400円の本で、「おしゃれ」になれたら安いものですよね。

最速でおしゃれに見せる方法
MB
扶桑社
売り上げランキング: 46

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です