【事件】アルバム作成目的で飛ばしたドローンで書類送検!

この記事の所要時間: 720

こんにちは京野です。

さて、許可を得ずドローンを利用していた人が、改正航空法違反容疑で書類送検されることになりました。

今日はこの話題です。
レッツゴー・ウンチキスト!

事件のあらまし

昨年12月10日に、高松市内でドローンを飛ばしていた50代の男性が「航空法違反容疑」で書類送検されることになったということです。
男性は、市内の学校からアルバム制作の依頼を受けて、校舎の全体写真を撮影するために、学校近くの公園からドローンを飛ばしていたとのこと。

うーん、なんだか気の毒ですよ…この事件。

http://news.goo.ne.jp/topstories/nation/709/6d7e1494b42f1a07a3170f69ffc6edc3.html

(毎日新聞) 01月22日 23:19

 昨年12月、高松市内で小型無人機「ドローン」を違法に飛ばしたとして、香川県警が近く、同市内の50代の男を航空法違反容疑で書類送検する方針を固めたことが22日、分かった。捜査関係者によると、ドローンの飛行ルールを定めた改正航空法を適用するのは初めて。

 捜査関係者などによると、男は改正航空法が施行された昨年12月10日、新たに必要になった国土交通相への許可申請をせずに、高松市内でドローンを飛ばした疑いがある。改正法では、人口集中地区や空港周辺などで重さ200グラム以上の機体を飛ばすことを禁止しており、現場は飛行禁止空域だった。

 男は市内の高校からのアルバム製作の依頼を受け、校舎の全景写真を撮影するために学校近くの公園からドローンを飛ばしていたという。【古川宗】

どうでもいい話だけど、このアルバム作成業者はたぶん卒アルなんだろうけど、受注は取り消されなかったのだろうか。

書類送検ってことは、当然違法行為を行ったということなわけで、そういうところと学校って契約し続けられるのでしょうかね。

今回は逮捕じゃなくて、書類送検ということで、その後検察が起訴するかを決めるのでしょうけど。

この航空法違反容疑の法定刑は50万円以下の罰金らしいけど、罰金刑といっても前科者になってしまうのでしょうし。

航空法の改正施行日当日のできごとかっ!

去年9月に航空法の一部が改正になり、12月10日に改正航空法が施行になりました。
俗に言う、「ドローン改正」です。

つまり、この逮捕された人は、改正法が施行された当日のことで書類送検されることになった、ということになります。前日撮っておけばOKだったのに…

今回の改正により、対象となる無人飛行機は

「飛行機、回転翼航空機、滑空機、飛行船であって構造上人が乗ることができないもののうち、遠隔操作又は自動操縦により飛行させることができるもの(200g未満の重量(機体本体の重量とバッテリーの重量の合計)のものを除く)」です。

いわゆる
・ドローン(マルチコプター、と言うらしいです。一般名称は。)
・ラジコン機
・農薬散布用ヘリコプターなどが該当することになります。

これら無人飛行機を飛ばす場合であり、
下記の空域であれば、「許可」と「安全性の確保」の双方が必要となります。

001109730

A 空港等の周辺の上空の空域
B 150m以上の高さの空域
C 人口集中地区の上空

このABCいずれにも該当しなければ、飛ばしていいということですね。
高さは150mということなので、東京タワーの約半分くらいまで飛ばすならば、どこでも許可が必要ということですね。

「人口集中地区」かをチェックする簡単な方法はこれだ

そのほか、空港はまぁ、わかるとして「人口集中地区の上空」というのはどう定義されているのでしょうか。
それは、総務省統計局が出している「人口集中地区境界図」を使います。

http://www.stat.go.jp/data/chiri/1-3.htm

22年国勢調査によるものですね。

ちなみに飛ばせない地区は赤い部分です。大まかに見ると、ですけど。

001109209

細かく見る場合は、下記です。

スクリーンショット 2016-01-23 04.12.50

jSTAT MAPで確認するのが一番簡単です。

リンクは下記です。
https://jstatmap.e-stat.go.jp/gis/nstac/

ここで、都道府県を選び、右上の「行政界<人口集中地区>H22年」を選びましょう。

スクリーンショット 2016-01-23 04.34.10

ここで、「人口集中地区」になっていないところであれば、自由にドローンを飛ばすことが可能になります。

都内でドローンが飛ばせるところって…ホント少ないぞ!

ちょっと調べてみました。

スクリーンショット 2016-01-23 04.38.54 スクリーンショット 2016-01-23 04.20.18

東京都内、まず23区内は全滅です。
都心部に近い狛江市、武蔵野市、三鷹市、調布市、さらには、西東京市、東久留米市
小金井市、国分寺市、小平市あたりも、NGです。

南多摩のあたり、よみうりランドとか、小山田緑地とか、町田の方に行かないとだめですね。

スクリーンショット 2016-01-23 04.21.12 スクリーンショット 2016-01-23 04.21.34

神奈川ならば、結構横浜には飛ばせるところが多いです。

ま、横浜も広いですからね。

スクリーンショット 2016-01-23 04.22.05

あんまり規制するの嫌だなぁ。

私はドローンを飛ばす予定もないし、飛ばさないんですけど、やっぱり技術の発達って楽しいし、新しい世界が生まれますよね。

これからの可能性を作るものとして、ドローンがその1つでもあると思うんですよね。
具体的な話だと、ドローン宅配とか。

Prime Airもそう遠くない未来に可能になるらしいです。


スクリーンショット 2016-01-23 05.29.58 スクリーンショット 2016-01-23 05.28.00 スクリーンショット 2016-01-23 05.28.46

もちろん落ちてきたら困るとか、盗撮が怖いとか、いろいろあるんですけどね。

でも、バードアイで見てみるとどういう風景なのかなとか、すごく興味がありますけどねー。

怖いことは知りつつも、あまり規制はしないのがいいと思っています。

ドローン少年と、首相官邸の上にドローンを飛ばした中年のせいでこの改正法ができたわけですけど、なにもこんな都内全域NGにしなくてもなぁ、と思うわけです。

ちなみに、許可を得ればOKということにはなっていますけど、どういう基準でOKをくれるのでしょうか。
OKをもらうための基準とかってどんな感じなんでしょうか。

ドローンの飛行許可を得るためには、申請書を書くわけですが。

めっちゃ面倒らしいです。

1.「無人航空機の飛行に関する許可・承認申請書」を書く

2.「無人航空機の機能・性能に関する基準への適合確認書」を書く(ドローンについて)

3.「操縦技能確認書」を書く(操縦者について)

4.飛ばす日の15日前に紙の申請書で所定の提出先に提出する必要があると…

結構面倒ですね。

なお、

無人航空機の飛行に関する許可・承認の申請・審査要綱は下記。

スクリーンショット 2016-01-23 05.08.13

ドローンや類似の飛行機は今やAmazonで買えます

くれぐれも、飛ばすときにはエリアを確認してください。

パロット エイアール ドローン 2.0 【日本正規品】
パロット (2012-07-05)
売り上げランキング: 61,743

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です