清原和博逮捕から考えたこと

この記事の所要時間: 322

Drag

京野です。

清原逮捕後しばらく経ちました。ドラッグについて書いてみました。

周りの人は清原が覚醒剤をやっていることをしっていた様子

清原逮捕後の情報を見てみると、周りの人はわかっていたようですね。

現役時代からやっていたという話もありますし、PLでお世話になった方からも「やめろ」といわれていたとか。

元巨人の桑田真澄とは3年前からすでに関係が途絶えていたと。

「入れ墨やドラッグはスポーツマンシップに悖る」

と小姑のように言い続けたら

「俺の人生に関わらないでくれ」

と言われたと。

「おまえがそう言うならば、お互い大人だし、そうしよう」

でも、桑田は

「言い続けるべきだった」

と後悔していると言います。

その他、奇行が目立ったりということは事実で、球界にもドラッグをやっていることは知られていたようですね。

もっとも知っていたということになると、犯罪を知りつつ放置していたということで黙っていた人にも影響が及ぶかもしれないためか、はっきりと知っていたと言うことを言う人はあまりいないようですけどね。

元奥さんも再三やめてと言ったけど、辞められなかったということですね。

もちろん、子どもの親としてそれを続けられちゃうようじゃ、とても結婚していられないということだったのだと思います。

チンピラ風の格好をしてみたかった清原

清原はチンピラ的な格好が好きだったようです。
引退後に入れ墨を彫る、白いスーツを着てアポなしでキャンプに来るなど、周りは驚いていたようです。

弱いからこそ、強く見せたくなるということなのでしょうか。(実際肉体的には最高峰に近いものを手に入れているはずですけど)

気配りができる人だからこそなのかもしれません。

清原がPL時代の1個上の先輩、清水孝悦さんと共にテレビに出たとき、清水さんへの恐がり方は異様でした。

また、右打ちがうまい清原ですけど、レフト柵越え連発していたら「なにお前調子乗ってんねん」と言われて、「右に流しとけ」と言われて、自分が生きるために右打ちを覚えたと言っていました。

清原ショックの影響

清原が麻薬取締法違反容疑で逮捕されましたけど、それによってどのような影響を与えたのでしょうか。

もちろん、近親者の人は辛いでしょうね。

離婚したとはいえ、お子さんも2人います。お前の父ちゃんが…と言われるのは辛いでしょうね。もっともお子さんは2人とも身体は大きいし、ルックスもいいし、口も達者だし、とてもいじめられるタイプではないでしょうね。でも、辛いでしょうね。

野球ファンはショックですよね。

せっかくまたテレビで見るようになってきたのに、残念ですね。

悪影響もある?

もっとも、「清原さんがやったんだったら俺も」と言い出す人もいそうです。

ASKAがやり、清原がやるんだったら、そんなにいいものなのか?と思う人もいそうで怖いです。

覚醒剤は依存度が高く、かといってそれほど犯罪の温床になっているわけでもないので、適切に扱うことも必要なのではという堀江貴文氏の提言もあります。

アルコールも、ニコチンも同じようなモノだと。

依存度が高すぎる覚醒剤はやめることができなくなり、どうしても欲しいが為に違法なルートであっても踏み入れてしまうことがあります。

清原も暴力団関係者から購入していたのではと言われているようです。

ドラッグによる問題を解決するためには、ドラッグを合法化することだなんて言われますけど、モノによっては考えてもいい時代なのかもしれません。

世界では特に大麻を合法化するところも出てきましたよね。

http://matome.naver.jp/odai/2138888249395149201

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です