【盛りすぎ】なぜ、プリクラがこれほど『盛る』のか?

この記事の所要時間: 325

enhanced-mid-27437-1456215445-1

こんにちは。京野です。

最近プリクラって撮りましたか?

いや、正直私は撮っていないんですけどね。

でも、撮ったのが最近はSNSで流れるから目に留まるじゃないですか。

すごく、加工されまくりますよね。いわゆる「盛り」。

今日はそんな記事を見たので書いてみました。

参考にした記事:なぜ今時のプリクラは盛りまくるのか? 10年開発を率いるプロに聞いた

http://bzfd.it/1QzfncG

レッツゴー・ウンチキスト!

40代のプリクラの思い出

プリクラってもうどのくらい撮影していないのだろうか。

そもそも、プリクラが出たのはいつごろだったのかなぁ。

大学生の時代だったと思うけど最初は斬新でした。

撮影したものが、すぐにその場でプリントアウトできる。

シールになって配れる。

もちろん、一人で撮ってだったら面白くなかっただろうけど、友達同士でそれを交換して手帳に貼る。

そのプリクラが多い人が友だちが多い、みたいな感じだったのかな。

社会人になっても最初はそこそこ撮影していた気がします。

飲み会の帰りにゲーセンに行って。

プリクラに必要だった変遷

そもそも、撮影したものがすぐに見られるということ自体も新しかったし、ましてシールで配られることがびっくりでした。

しかし、1995年にWindowsが誕生し、1996年ごろからデジタルカメラが普及し始めます。

私はデジタルカメラに結構早めに飛びついて、DFC-F1というサイバーショットの初号機を買いました。1996年だったと思います。

なので、デジカメの画質の高さに驚愕し、プリクラのドットの荒いものなんて興味もなくなりました。

デジカメが普及し、簡単に、キレイに、写真が撮影できるようになった結果、プリクラは変わることを余儀なくされました。

プリクラが絞ったターゲット

プリクラは、デジカメとプリンタが競合しない層、時間、機能を狙ったわけです。

層…誰をターゲットにするか?

・デジカメ(ケータイカメラ含む)を使えない・持っていない層⇒中高生まで(学校に持参NGが多い)

時間…いつの時間帯を使うか?

・デジカメ(ケータイ含む)を持っていない時間帯⇒放課後

機能…どんな機能を盛り込むか?

・デジカメでは撮れない画像⇒「盛れる」画像。基本、メイクができないので、①メイクができるような加工。また、②顔がまだ発達途中で落ち着いていないので、強力なデフォルメ③夢が撮れれば良いから、足も長く!

そう考えると、メイクが派手で目が大きくなるのも、唇が真っ赤になるのも、足が細くなるのも、合点がいくというものです。

普通に撮るならば、携帯とかでいいわけですしね。

大手カメラメーカーは「高機能カメラ」へシフト

先日、大手カメラメーカーの決算書をホームページからDLして読んでみました。

デジカメについては大きく販売台数が落ち込んでいます。2014年から2年連続で落ちていました。(そもそも海外での売上がほとんど)

で、どこで利益を取っていくかについても書かれていました。

それは高機能カメラ。いわゆる「一眼レフカメラ」などといったものです。今後の方針は一般的なデジカメの生産台数は抑えつつも、一眼レフカメラなどで利益を取っていく方針だと。

たとえば、こんなのですかね。いずれも65万円以上する代物です。

Nikon デジタル一眼レフカメラ D5 (CF-Type)

Canon デジタル一眼レフカメラ EOS-1D X Mark II ボディ EOS-1DXMK2

それでも、マニアはいて、一人数台買う人もいるとか。

高機能の製品は他の追随を許さない技術があるからだと思います。

すみ分けですよね。

普通の写真なら、iPhoneなどのケータイに付いているカメラでまぁ、十分だものね。

今日は、プリクラが変遷した理由について書いてみました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です