FBIがAppleに頼まなくてもロック解除できた理由

この記事の所要時間: 238

スクリーンショット 2016-04-13 01.30.54

アメリカってすごい国ですよね。

FBIが事件に使われたiPhoneについて、ロック解除要請してもAppleは「解除しない!」って言うんだからね。

今日はこのAppleのロック解除にFBIが成功した話です。

レッツゴー・ウンチキスト!

AppleのティムクックはFBIの要請を拒絶

国の要請を断るなんて、勇気いりますよね。

だとしても、犯罪捜査なのに、断るって。

それって、なんかおかしい気もしなくもないけど、それだけ政府が信用されていないということなのでしょうかね。

【全文訳】アップル、FBIの捜査協力要求を拒絶!クックCEOがメッセージを公開!

http://iphone-mania.jp/news-102165/

ところが、ですよ。
結局、FBIは法廷闘争に持って行く予定だったのに取り下げ。
理由は「解除できたから」

【速報】FBI、「Appleの支援なしにiPhone解除できた」と法廷闘争を打ち切り

http://iphone-mania.jp/news-108649/

じゃ、これ、どうやって解除したのか。
アメリカの会社は解けなかったということです。

じゃ、だれが解除したのか。
どうやら、
「イスラエルの会社が解除した」ということらしいです。

なぜ、イスラエルの会社がロック解除できるのか?

サン電子の子会社とかいわれて、日本の技術のように言われています。
けど、実際はサン電子が買った会社というだけですね。

実際、ロック解除というようないわゆるハッキングについては、天才のティーンエイジャーとかに能力があるようですね。

また、ロック解除をするためには普段から、ロックを破るための施行をしていないとうまくならないわけで、「専守防衛」というようなことはできないんですよね。

つまり、ハッカーじゃないとこういう技術は身につかないということです。
で、イスラエルにはそういうことをしている人がいて、そういう技術者がいるということですよね。

サン電子の子会社は「国」に解除ソフトを売る

解除できるソフトはこれ。

iPhoneロック解除 日本企業、驚異の捜査技術
http://www.asahi.com/articles/ASJ4C3PJ6J4CUEHF006.html

このサン電子の子会社は解除ソフトの一般販売はしていません。
そもそも、展示会ですら、身元のチェックが厳しいそうです。
テロリストなどの反社会集団にこれが渡ってはいけないからということでしょうね。

1台いくらするのでしょうか。

http://www.sun-denshi.co.jp/global/

ホームページは上記ですね。
でも値段は書いていません。

億単位するんでしょうかね。そんなに数多く売れるわけではないわけですからね。
少なくとも数千万はしそうです。

そもそも、こういうセキュリティーのレベルって高すぎて一般人には仕組みもわからなくて、なんだか不安な時代になりましたよねぇ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です