Amazon Dashボタン使ってみた【後編:注文できました♪】

この記事の所要時間: 339

こんにちは。京野です。

昨日はアマゾンダッシュボタンを買ったものの、使えず時間切れということで終わってしまいました。

昨日の記事はこちら

https://leemanparadise.com/neta/post-4669/

さて、今日は成功したので、ご報告まで。
レッツゴー・ウンチキスト!

さっそく、レノアボタンを見ると…

あれ???レノアボタンがない???

ま、まさか…カミさんに捨てられたか…?

と思ったら、下に落ちていました。ふう。

昨日、比較的つるつるするところに貼ったのが良くなかったのでしょうか。
あまり両面テープの粘着力も強くないようです。

なので、今度は扉に貼ることにしました。

昨日、Amazonダッシュで注文できなかった理由は?

さて、昨日は何が問題だったのかというと、「住所の設定を見直せ」
ということでした。

こんな文字がでていました。

住所の設定の何に問題があったのか…?

Amazonダッシュを再度設定してみる。

エラーが出た場合、エラーのヘルプのページがスマホで自動に開きます。

設定というところをいじって変更するようですね。

Amazonの1-Click設定画面で変更するようですね。

以前、発送先をうちの妻の送り先にしておいたんですが、それが気に入らなかったようなので、私の名前に変えてみます。
(まぁ、そのせいでもないような気がするんですがね…)

Amazonダッシュの「重複注文を許可」する場合もここで設定する

ところで、「重複注文を許可」というボタンがあります。

ここをオンにすると、押しただけ注文がされてしまうということですね。

普通は、お届けが完了するまで、次の注文ができないことになっているそう。
これって、すごく便利ですよね。

というのは、複数回プッシュを受け付けない理由って、子どもが1日に何回も押しちゃった場合の対策だと思っていたんですけど、「前の注文が完了するまで注文を追加できない」ということだと、消耗品を「ない」と思って注文してあるのに、また別な人が注文しちゃった場合などでも使えますよね。

これは便利というか、よく考えてありますね。

さてこの「重複注文を許可」にすると、押しただけ注文を受け付けてくれることになるわけですね。重複注文する人は少ない気がしますが。

さて、Amazon Dashボタンを押してみる。

注文ボタンが押されると…

まず、白い色でゆっくり点滅します。Wi-Fiに繋いで注文してるんだろうな…。

その後、失敗だと…

赤ランプが激しく点滅!!!かなりのスピードで。失敗時の写真は以下↓

今まではここまでしか見たことがありませんでした。

さて、今回はどうでしょうか?!!!!!!

緑色にゆっくり点滅!!!!!

これはOKってことですね!!!

早速Amazonダッシュ注文がプッシュ通知!!

早速、Amazonダッシュでオーダーしたレノアがスマホにプッシュ通知されました。


これは1回目の注文なので、500円割引されています!!!

つまり、620円の商品ですけど、120円の注文ということになっています。

というわけで、Amazonダッシュボタン500円が戻って来たことになりました!!!

Amazon Dashボタンを使ってみて

最初の設定は、ゲーム感覚で楽しくできると思います。
また、初回は500円戻ってくるわけですし、まぁ、一生懸命やりますよね。

新たな商品を注文したい人は別として、これまでと同じものをオーダーしたい人にはいいですね。

ただ、これはカミさんとも話していたんですけど、単価が高いものしかない

レノアってうちで使っているのは430mlだったかな、小さいサイズなんですけど、このダッシュボタンに対応しているのは1,400mlと大容量サイズのみ

もちろん、金額が安いと配送料が賄えないからということなんでしょうけどね。
とはいえ、すこし消費者目線じゃないところで、気になるところではあります。

今日はAmazon Dashボタンのレポートでした!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です